スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々にナンピンゲールEAを

クローズアップであります。この口座では「全履歴」にしてもなぜか7月15日からしかデータがこない・・・
ウチで稼ぎ頭になっているのがこれ。

2010-08-31_123447.png

確かどの通貨ペアでも使えるはずだけど僕が使っているのはEURUSDのみ。
また、時間足も1分足から4時間足まで全部使えたはず。長くなるほど収益も含み損も穏やかになっていくので、
僕は比較的マイルドな1時間足で動かしている。

上の画像のカレンダーではUSDで表示しているのだけれど、この数字って5倍のロットで動かしている
EAKSP03の4倍ぐらい稼いでいることになるのよね・・・

時間足を短くすると取引回数はまだまだ増えるんだけど。今ので1ヶ月半で400回近くだからこれで十分。
試しに5分足でBTすると、2010年1月だけで1000セントぐらい稼いだ。15分足だと600セントぐらい。

取引回数が多いだけに含み損もなかなかのもので、一時期ハマったときは900セントぐらい行った。
ドル建て口座で使うには覚悟がいるかも。
この際これの多通貨運用だけでいいんじゃないかって思っていたんだけど、冗談じゃなくホントにやって
みようかな、なんて・・・
スポンサーサイト
[ 2010/08/31 12:51 ] ナンピンゲール | TB(0) | CM(5)

突然ですが

今日は起きた瞬間から体調が悪い。どうも風邪をひいたようだorz
こういうときに一人ってのは辛いんだけど、まあ仕方ない。

で、今日の本題。
あれこれと調べてはいたんだけど、ナンピンゲール専用口座ができましたw

E-globalというブローカーでつ。この業者、口座の開設がえらい簡単で、更になんと10通貨単位での取引が可能。
口座の通貨単位はドルではなくてセントだったりw
今回20ドル入金したら、残高が「2000」になっててちょっとリッチな気分。
入金はクレジットカードで行なったところ、一瞬で口座に反映されていた。

これで何も恐れることなく、ナンピンゲールEAリレー理論(早口言葉みたいだ)の検証ができるというもの。
月曜からが楽しみである。いきなり運用開始しちゃうぜ。

なお、今回の口座開設に際して、こちらのブログを勝手ながら参考にさせていただいた。
とてもわかりやすくて参考になった。今後も参考にさせていただこう。

あれ?そうなるとキャッシュバックもないFXDD口座の存在価値が・・・
まあしばらく使ってみて、いけそうなら資金の分配を考えるとしようか。
[ 2010/05/08 19:57 ] ナンピンゲール | TB(0) | CM(0)

ナンピンゲールを熱く語ってみた

昨日からいきなり始まった、ナンピンゲールEAによるリレー。

心配だった証拠金は、最低100ドルから~とか書いてあるのを無視して、paypalから30ドル入金を
やってみたら何故かできた。EAKSPの働きも予想以上で、まずは順調な滑り出しだ。

さて、いきなり始めたわりには準備は時間をかけてやっていたりするんだけど、最も頭を
悩ませたのは、どのEAを資金いくらから動かすのか、という選定に他ならない。

そんなわけで、ここではまったくもって何の根拠もないけれど、僕がどういう基準で
ナンピンゲールEAを選んだのかを語ってみようと思う。今日から無職だしw


まず、かたっぱしからバックテスト、デモ運用をしていてあることに気づいた。
ナンピン・マーチンゲールのEAには、大きく分けて2つのタイプがあるようだ、という事に。

※読んでからガッカリされるとアレなので、あくまで素人が一人で観察してたら気づいたことを
 それっぽく語っているだけです。そのあたり予めご了承ください。


ではまず、このグラフをご覧いただきたい。
Type1


次にこれ。
Type2


それぞれ別のナンピンゲールEAで、同一期間バックテストしたものなんだけど・・・
何が違うか、わっかるっかな?

便宜上、上のをタイプ1下のをタイプ2と呼称する。
まあ一目瞭然、グラフの右端を見てもらうと、タイプ1はストーンと落っこちて、タイプ2は何事もなく終わってますね?

なんでこんなことになるのかというと、性格の違い?みたいなもんだと解釈した。
僕なりに考えた結果は以下の通り。

まずタイプ1は、ナンピンポジションを持っていて、仮に逆行してしまってもおかまいなし。
それを決済せずに次のエントリータイミングが来たら、塩漬けしてそのまま新規ポジションを立ててしまう。
そのうち戻ってきたらラッキー、ってところか、回転率を優先させた結果なのだろう。
最後にストーンといってるのは、テスト中盤あたりに塩漬けされたもの。

次にタイプ2。こちらは堅実型と言える。
保有中のポジション一式を清算するまで、新規のポジションを立てない。
回転率はタイプ1に劣るけど、安全だ。


では実際に運用したらどうなるか、タイプ1について考えてみる。
途中で塩漬けが発生してから、ずーっと膨らんでいく含み損に悩まされることになる。
それどころか、塩漬けが複数セットになってしまうこともありえるわけで、そんなことになったら
毎日気が気ではないだろうなあ・・・

というわけで、タイプ1(海外EAに多い)にあたるものは全部却下。
タイプ2に該当するものを探して、その中から選抜した。
あとはまあ細かいことはさておき、大体は過去5年間でのMAX DDと利益のバランスを見て決定。

最後まで同じEA使っておけばいいじゃん、って思われるかもしれないけど、資金が増えるとリターンが
大きいのを使えるようになるって気づいたからリレーにした。

とりあえずこんな感じ。
まずは1000ドルぐらいまで増えないと、机上の空論で終わってしまうけどw
[ 2010/05/06 15:53 ] ナンピンゲール | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。