スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うーんなんだかね

外で仕事をしていると、色んな事が見えたり聞こえたりしてくるね。

通行止めで通っちゃ駄目だってところを、自分だけはと侵入してくる者、おじいちゃんの運転する車を後ろから煽りまくった挙句、対向車線にはみ出して強引に抜いていくキチガイなどなど。まあ良くも悪くも「日常」ってのが戻ってきてるってことかね?

それはまだ良い。今日は街中に出る用があって、コンビニ前で待ち合わせをしていたらこんなやり取りを見た。

オシャレに着飾ったオネーチャンが立ってる。近くには高速バスの降り口が。どうやら他所からきたらしい。
で、そのオネーチャン(女Aとする)に、これまたオシャレに着飾ったオネーチャン(女B)が話しかけてきた。

女B「もしかしてボランティアの人ですかあー^^?」

女A「はいーそうですー^^ えーあなたもですかあー^^」


そこに現れた、これまたボランティアで来たと語る新手のオネーチャン(女C)も加わり、「何か役に立ちたくてー」とか、「大変だって聞いたからー」とかキャッキャと盛り上がってる。
ピクニックか何かみたいな感じで実に楽しそうだ。

服装は前述の通り、どこへお出かけですか?というオシャレな感じで、女Cに至ってはスカート履いてる。
荷物はハンドバッグひとつとかリュックのみとか、驚くほどの軽装だ。

これが噂のアレですかとピンときた。

いわゆる「善意の押し売り」に来たスイーツ(笑)たちだね。
いやあなた方が「困っている人の為に何かしたい」と思っているのは正しいと思うし、自由だと思う。それについて僕が何も言うことはない。

でもね、「何かしたい」という気持ちと「実際にできること」というのは必ずしも等価ではないと思うのよ。
いいかい?最前線で活動してる自衛隊様。彼らでさえテント張って野営してるんですよ?食べ物だって最低限のレーション食って、それこそ不眠不休で動いているのに、だよ。

阪神のときにもいたらしいけど、
「みんなー^^助けに来たよー^^v で、私の食べ物と寝るところはどこ?あとお風呂ー」
こういうモンスターが実在するってのが今日わかった。

最低限、自分で食べ物と寝るところぐらいは何とかできないなら、来ない方がマシだと聞いている。
そうした喚起もされているのにどこからか湧いてくるこういった手合いは、言うならば言葉を話す人災だわな。

自己満足を超えた自分探しは別にかまわないけど、災害体験ツアーでそれをするのはやめてくれよ。

写真 (1)

さあ、ここであなたに何ができる?



メロデス注意
スポンサーサイト
[ 2011/03/29 22:36 ] 日記 | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。