スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

盆休みキャンプツーレポ:8/14

一週間も更新せずになにやってたのかっつーと、コレのPS3版。
やばいまじハマる。

そんなわけで遅くなってしまったけれど、夏休みのツーリングの模様をお送りしますよ。

では早速出発。自宅出発は朝7時前後だったと思う。

DSC02648.jpg
出発時の走行距離は2707km。

で、いきなり岩手県一関市。ほぼ一本道(それでも迷った)だったので道中はカットw
で、やってきたのが猊鼻渓(げいびけい)。11時前ぐらいに着いたと思う。

DSC02649.jpg

DSC02652.jpg

いかにも田舎の観光地(失礼)といった感じでそこそこ人がいたのだけれど、ここの見どころは舟に乗っての渓流下りだそうで、所要時間が往復90分。興味はありありだが見た感じの待ち時間も含めると時間的にアウト。

なので諦めて案内板にあった近所の名所へ。

DSC02657.jpg
なんという厨二的ネーミング・・・今回の目的地のウォーミングアップになりそうだ。

DSC02658.jpg
拝観料1000円は高いと思うが・・・

DSC02666.jpg
えらい涼しい内部に進入。外は猛暑なのでンギモヂイイッ

DSC02680.jpg
特徴のある場所には名前がついてて、これがいちいち厨二っぽいのがイイッ

DSC02711.jpg
なんかすごい形。自然すげえ。

と洞窟内はこんな感じで、そこそこときめいた。

DSC02715.jpg
出口にこんなのがw

涼しくなれたので次の観光地へ移動。厳美渓(げんびけい)である。

DSC02748.jpg

DSC02750.jpg

DSC02722.jpg

DSC02726.jpg

DSC02739.jpg

DSC02745.jpg

とまあ実に見事な景色が広がるところで、更に面白い名物が・・・

DSC02741.jpg
川の向こう岸にある団子屋からロープが伸びていて、籠にお金を入れてトンカチで木の板をカンカン鳴らすと・・・

DSC02735.jpg
団子屋のオッサンが手動で籠を巻き取り、お金を確認すると団子入りの籠が発射される。オッサン巻き取り早っ!

ぜひ買ってみたかったが、えらい人だかりでまたも断念。人大杉(´・ω・`)
平泉に移動する。

道中なんか見つけたので立ち寄る。

DSC02751.jpg

DSC02755.jpg

DSC02776.jpg

なんかえらい歴史あるところみたいね。
移動しようとすると、地元ナンバーのバイクのオッサンから話しかけられた。40年前のバイクをレストアしたとかでさわやか紳士って感じの気さくな人だった。中尊寺に行く予定を話すと、あまりに混んでるから大変だよーと教えてくれた。

そんなわけで中尊寺へ・・・向かう途中にもこんなんあったり。

DSC02779.jpg

DSC02783.jpg

僕からしてみれば、ただの野原にしか見えないのだけれど。
で、今度こそ中尊寺。

DSC02793.jpg
前回載せたこの写真は、中尊寺から撮ったんだぜ。

オッサンの忠告通り、というかそれ以上に半端ない人、人、人。他にも写真は撮ってたけど、人が大量に移ってるので割愛。人が多すぎて渋滞してて、何とか金色堂の拝観チケットも買ったんだけど順番待ちが長すぎて断念orz

中学校の修学旅行で来たことはあったんだけれど、今回の中尊寺は失敗だった。あまりにも人が多すぎて完全に時期を間違ったなと。

で、もう疲れたしタイミングを失って昼飯もとってないのでキャンプ場へ。
夕方4時ぐらいだったか。

大文字キャンプ場ってところ。無人の管理棟から管理人さんに電話、受付用紙に記入して代金200円を支払い。人も少ないし好きに使っていいからー。ってさ。

DSC02806.jpg
テント設営の図。あまりにも暑かったのでインナーのみ。

このテントは初めてだったけど大した苦労もなく設営できた。利用者は僕の他には家族連れが一組ぐらい。静かで良かったけど伸びまくった草と虫が・・・

キャンプの様子も色々撮りたかったんだけど、買い出しに出て昼間っから飲酒してたら強烈に眠くなり、眠ってしまった。で起きたら夜だったため写真撮ってなかった。

夜3時ぐらいに小雨が降って目が覚めたりして、ちゃんと全部テントを張っておけばよかったと後悔。
シャワー浴びたい(´・ω・`)

・・・2日目に続く・・・
スポンサーサイト
[ 2011/08/27 14:10 ] バイク・アウトドア | TB(0) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。