スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自称ブラック企業マイスターのウンチク話

このブログではちょっと珍しい話題かな。
例のごとく超不定期で続編があるかも。

タイトルの通り、これまで数多のブラック企業を渡り歩いてきたという、まったく何の自慢にもならないことを他の誰かの役に立てたいなとか、そんなことを思った次第。

予め断っておくけど、あくまで僕個人が経験から感じ取ったことなので、暇潰し程度に見てもらえれば幸い。


〜『ブラック企業』の定義〜

 何をもってブラック企業とするのか。
 この文中においては、

  ① 福利厚生など、企業の体制が常識の範疇を超える
  ② 罵倒、叱責、嫌がらせなどの著しい精神的苦痛
  ③ 休日出勤、サービス残業などの著しい肉体的苦痛
  ④ 人が狂ってる


 これらの要素が一般的な感覚の人が耐え難いと思うところが一定以上ある会社。
 「ウチはブラック企業じゃない。出る杭は叩かれる」とか笑い話にもならない。

 そんな理屈が通るなら労基など要らんのだ。
 ではいってみよう。


〜求人編〜

 これは地雷がわかりやすい。

1.どの求人サイトを見ても、常に名前を見る企業
 【ブラック度:★★★★★】
 【ブラック要素:①②③④】

 これは言わずもがな。もう真っ黒
 常に入っては辞め、入っては辞めがあるので求人の永久機関が完成。例外は極めて少ない。
 良く言えば体育会系、悪く言えば無駄な精神主義の会社が多いと思う。
 特に罵倒や執拗な叱責などの強い精神的苦痛、キチ○イ上司などが多く見られる。

 僕が思い当たるのは、冬の北海道で財布を没収されて外に放り出されるとか、
 車で一時間以上かかるところで朝4時からビラ撒きしてこいとか…



2.アットホームな雰囲気です!
 【ブラック度:★★★★】
 【ブラック要素:①③④】

 これ、よく見ません?
 これも黒い。黒さが滲んで見える。
 まず、「アットホームな」って、なんだ?具体的にどういうことだよって聞いてみたい。
 「普通はどうかしらんが、ウチではこれが常識」みたいな謎ルールを指すことが多い気がする。

 僕が思い当たるのは、頻繁にある飲み会(断れない)。行ってみたら昔話か自慢話か説教。
 でなけりゃ、いいから飲めとか脱げとか、楽しいのはお前だけだよって言いたくなるような拷問が。
 いいからじゃねーよふざけんな。

 あと、事務のおねーちゃんがどこの水商売の人ですか?って格好をしていたり、古株の上司に平気でタメ口をきいたりと、全体的に規律の乱れとか育ちの悪さが目立つ印象。

 それが良いんだよって人もいるかもしれないけど、僕は無理。



3.完全実力主義!○○歳で年収1,000万も可能!
 【ブラック度:★★★☆】
 【ブラック要素:①②③】

 ああ、これな…
 「可能」ってことで必ずしも嘘は言ってないんだけど、黒いわな…

 1との合体技になってることが多いと思うの。
 雇用形態が「契約社員」だったり「業務委託」ってのが多い印象。
 福利厚生の面でまっとうな正社員待遇じゃないのがミソ。

 「普通売れねーだろ」って物を、体ひとつで飛び込みとか「普通そういう風に売らねーだろ」ってやり方で営業して、成果報酬が大きいって仕事で間違いない。
 センスがあれば爆発的に売れちゃったりするので、合ってる人にはいい職場だったりする。

 でもそれ以外の合ってない人(大多数を占める)には厳しい。
 特にサポートもなく成果報酬の割合が多いので、早い段階で売れなきゃ食っていけない。
 売れない人は勝手にいなくなるから、最終的には残った人達で潰し合いになる。
 売れる人もドカンと稼いで勝ち逃げするか、一度調子を崩すとズルズルいくので人が足りなくなり、また求人の流れ。

 どうしてもこの手の会社に入るしかないってときは、最初から短期決戦のつもりで。



というわけで、ごくごく一般的な(…ですよね?)求人編をお送りした。
気が向いたら次回は「あれ?入る会社間違ったかも?」の、入社初日編でも書いてみようかな。
スポンサーサイト
[ 2014/07/30 22:13 ] 日記 | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。